住まいを考えた外壁塗装~雨漏りや無駄な出費防止術~

スプレー塗装

適した塗料を選択する

サイディングの模様を維持した状態での外壁塗装も可能です

作業員

現在の住宅の多くはサイディングを利用した外壁の家が多くなっています。 サイディングは低コスト、施工が容易と言う事からも、今後も人気が高くなると予測されるのですが、サイディングも太陽の紫外線など自然の猛威には太刀打ちする事は出来ません。 紫外線により壁の表面は劣化を引き起こし、新築の時には雨を弾き飛ばしていても劣化により雨水が染み込みやすくなります。 外壁塗装を行う事で吸水性を持った外壁に塗膜を作り出し、新築の時と同じように雨を弾く壁にすることが出来るのです。 尚、サイディングは模様などがデザインされている外壁であり、外壁塗装を行う事で模様などのデザインが薄れてしまうと言うデメリットが有ります。 最近は透明の塗料を使うなどしてサイディングの美観を損ねる事無く塗膜を作り出せる塗料も有ります。

外壁塗装に利用する塗料の希釈率について

外壁塗装に利用する塗料は、そのまま塗装に使えるものと、溶剤や水を混ぜて薄めて塗装を行う2つの種類が有ります。 溶剤や水を薄める事を希釈と言いますが、希釈には割合が有り、適正な希釈率で溶剤や水を混ぜないと塗膜を作り出すことが難しくなるのです。 塗装を終えた時には綺麗な状態でも、塗膜が作られていないので、紫外線による劣化が早いタイミングで起きてしまい、外壁塗装の意味を成し得なくなると言うデメリットが有ります。 尚、薄める事で塗料の量と言うのは少なくて済むと言うメリットが有るわけですが、これは逆に言えば業者側だけのメリットであり、塗装の質を下げてしまう事になる事からも、外壁塗装を行う業者を選ぶ場合には注意が必要なのです。